還暦の贈り物は相手に似合うものや実用性のあるものを贈ると喜ばれます

古くよりある慣習に還暦祝いというものがあります。
数え年の61歳、満60歳の年に祝うものです。
昔は平均寿命が今よりも短く、60歳と言いますと長生きの年齢とされており、還暦のお祝いは長寿を祝う行事として行われていました。

現在では平均寿命も延び60歳はまだまだ長寿の年とは言えませんし、現役で働いている方も多くいますので、長寿を祝うというよりはこれからの健康とさらなる活躍を祈るために行われるものとなっています。

家族が一堂にそろう節目の年でもあります。
60歳の年は生まれた干支に戻ることから赤ちゃんに返るということを古くから言われています。

そこで赤ちゃんに返るということが転じて赤いちゃんちゃんこを贈り物として贈る慣習がありましたが、現在では赤いちゃんちゃんこにこだわることなく本人に似合うものや実用性のあるものを贈り物として贈ると良いでしょう。

男性であれば日付などが刻印されたお酒や寝具、年齢よりも少し若向けのファッション系の小物などが喜ばれます。
女性であれば普段使いできるようなアクセサリーや小物、香水、実用的な衣類など普段身に付けることができるものが喜ばれます。

また男女共通で、カタログギフトや金券、夫婦2人で旅行へ行くための旅行券なども喜ばれることでしょう。
最近の還暦祝いにはこれを贈るという定番がありませんので、近しい間柄ですからそれとなく本人に聞いてみて本人が1番欲しいと思っているものを贈るのも良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:いろいろな贈り物

このページの先頭へ