古来から五穀豊穣・子孫繁栄の縁起物として扱われきたお米をお歳暮に贈ってはいかがでしょうか

お歳暮は地域によっても違いがありますが、12月の初めから12月20日頃に贈るのが一般的です。贈る相手は人によって様々で、どの相手に贈るにしても、その年にお世話になった感謝の気持ちや、来年もまたよろしくお願いしますという気持ちを込めて贈ることは変わりません。

何を贈るかについては、相手の好みや家族構成などを考慮すると、贈るものが片寄りがちになってしまうケースがあるようです。
定番のものではなく、今年は新たに他のものをと考えている人は「お米」を選んでみてはいかがでしょうか。

日本の文化や生活に欠かせないものと言えるお米は、年齢や性別を問わず日本人が主食としているものです。八十八の工程を経て作られていて八十八の神が宿るとも言われており、古来から五穀豊穣・子孫繁栄の縁起物の良いものとして扱われ、各地の行事や儀式などでも神への供物として利用されてきました。

産地や品種などによって味や粘り気など様々な違いがありますが、食べ比べる機会はなかなか無いものです。インターネットでは、お歳暮に最適な食べ比べセットなどを販売しているサイトがあります。「米風土」は、国際基準で認められた最高品質のものを点数で選んで食べ比べ出来、書籍の様な箱に詰めて贈ってくれます。

「日本の銘米」は、全国の美味しいとして名高い特Aランクを集めた究極のギフトでブランドの数が選べ、「八代目儀兵衛」は雑誌やテレビでも評判で、芸能人やモデルなども愛用している人気の贈り物です。どれも感謝の気持ちを贈るお歳暮に最適と言えるので、今年はお米のお歳暮を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:お歳暮

このページの先頭へ