お歳暮の元々の意味と、お世話になった人への贈り物に牛肉はいかがでしょうか

年末が近づくにつれて、デパートや百貨店ではお歳暮の予約やカタログなどが段々と目につくようになります。このお歳暮というものは、元々は年の暮れ、年末を表す「歳暮」という言葉があり、一年お世話になった人に贈答品を持参してまわる習慣がありました。

この習慣のことを歳暮回りと呼ぶようになり、次第に贈答品そのものをお歳暮と言うようになったのです。さて、皆さんはどのような品物をお歳暮として贈り、またどのような物を貰っていますか。

ランキングなどでやはり多いのは、定番と呼ばれるビール等の酒類、カニ、ゼリー等の甘いもの、ハム・ソーセージですが、たまには定番以外の物を贈ってみましょう。
そんな時は、食べてみたいけれどなかなか手が出ない高級な牛肉はいかがでしょうか。
寒い時期なのですき焼きにもでき、おせちも食べ飽きたという方にちょうどよいでしょう。

有名どころと言えば、キメが細かく肉質がとても柔らかくて脂に甘さがある松阪牛や、とろけるような食感で口に入れたらすぐに溶けてしまう米沢牛、見るだけで美しさを感じるサシを持ちすき焼きで食べる牛肉では定番と言われている近江牛等々、見るだけでも嬉しくなってしまいます。

もし、相手がどのような食べ方が好きなのか分からない場合は、ギフト券ですと相手が自分の好みの物を選ぶことができるので安心です。
お歳暮をどうしようか迷っている人は、一番お世話になった人に牛肉を贈ってみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:お歳暮

このページの先頭へ