明太子のお歳暮の価格

お歳暮と言えば、年末やお正月に楽しんでもらえるよう、飲み物や食べ物を贈る方は多いです。
食べ物の中には明太子を贈る人も多いと思いますが、その理由として、保存性が高いからと言う人もいます。

明太子には着色物と無着色物があり、値段はそれぞれですが、着色物ですと、まとめ買いなら一個当たり千円位からあり、うまだしと称するだし付きで付加価値を付けて三千円位で販売している所もあります。
無着色物になると、三千円位から一万円を超える物もあります。

明太子の産地は、北は北海道から南は沖縄まで水産加工品として販売していますが、人気のある所では博多の明太子です。

百貨店のギフトからカタログ販売、インターネット販売まで人気が高く、博多の明太子は群を抜いており、それだけ昔から馴染んでいる事が分かります。
博多の明太子はネームバリューで高級感があり、お歳暮に贈られる方も多いですし、貰った方も喜びます。

又、明太子は辛さも色々で、甘めの物から辛い物まであるため、贈る方はそれで迷うこともあります。
しかし、最近の明太子販売は辛さ表示がしてあり、それを参考にしてお歳暮を贈っている人も多いです。

少し前までは価格の安さで勝負していましたが、現在では消費者の高級指向が強く、価格の高い商品も注目されています。
しかしながら、まだまだ安い価格で提供されている明太子も人気が高い現状ですが、人それぞれ予算を考えて、色々悩みながら贈る事も楽しみの一つと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:お歳暮

このページの先頭へ