今ではネットで産地直送のお歳暮を贈れます

毎年、年末が近くなると、お歳暮の広告を目にする機会が増えてきます。
年輩の方にとっては当然すぎてあまり意識することもない年中行事の一つですが、社会の構造の変化に伴って、とくに若い世代においては、お中元やお歳暮はあまりなじみがないかもしれません。

どちらかといえば、バレンタインデーやクリスマス、最近ではハロウィンなどのほうがメインの年中行事に取って代わりつつあります。
そんなお歳暮ですが、社会人となって生活していると、会社間でもやり取りすることがめずらしくないので、まだまだ健在だと言えます。

お世話になった方やお世話になった会社に贈るのに何がいいかと悩みどころですが、一般的に言って、自分で買うにはちょっと値段が高めのもので、やはり旬のものが喜ばれます。

昔とはくらべ物にならないくらい流通網が発達しているので、新鮮なまま産地直送で送ることができます。
とはいえ、新鮮な果物もいいですが、贈り先の都合もあるので、昔から言われているように日持ちがするものが無難かもしれません。

海のものでいえば、伝統的なものだと、ホタテ貝柱や魚の干物、昆布などの海産物、イカの塩辛などの発酵食品など、冷凍技術が進んだ現代のものではエビやカニの産地直送もあります。

産地直送のお歳暮も、家にいながらインターネットで簡単に注文することができますが、インターネットは玉石混交の世界なので、なにかと心配です。
そういった意味でも、協同組合や大手デパートなどが運営するサイトが人気があるのも、きちんとチェックが入っているという点が評価されているからだと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:お歳暮

このページの先頭へ