お歳暮の商品選びにお困りの方には、ぜひ佃煮をお勧めします

お歳暮として何を贈ればいいのか困ったりしていませんか。
日頃の感謝の気持ちをお世話になっている人に贈るものですから、身近な人へのお歳暮ほど悩んでしまうものです。

最近はm会社の上司やお得意様などには省略する傾向がありますが、昔の風習から、結婚した子どもがお互いの実家に贈ることは多いと思います。
しかし、結婚した子どもがお互いの実家に贈るのは、他人行儀のようだという意見もあります。

確かに、親子の間柄では他人行儀のような感じもしますが、感謝の気持ちを形に表すということは、悪いことではないと思います。
では、その無形である感謝という気持ちを形に表したお歳暮という名の贈り物は、何が喜ばれるのでしょうか。

商品の中身も重要ですが、気配りするポイントがあります。
商品選びについては、相手の好みや家族構成に配慮して選ぶようにしましょう。
お酒を飲まない方に、酒類を贈ることは失礼です。
また、目上の方には、商品券やギフト券を贈ることも不快感を与えない為にも避けた方が良いでしょう。

次に、贈るタイミングにも気を配りたいところです。
入院中の場合、「お見舞い」という形で、回復した時にお届けする方が喜ばれます。
肝心の商品選びですが、最近では、敬老の日の贈り物として佃煮が喜ばれています。
健康志向の年配者も増え、アルコールやお菓子などよりも日常で食べられる、そして保存性の高い佃煮が人気があるようです。

夫婦だけという家族が増え、食べきれる容量、保存のきく佃煮が好まれています。
毎日の食卓にのぼるちょっとしたおかずに最適で、実用的ですし、何よりもおいしくいただけるので贈り物にぴったりです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:お歳暮

このページの先頭へ