お世話になった方へ、和菓子のお歳暮を贈りませんか

和菓子とは、日本の伝統的な製造方法で作られたお菓子のことです。
茶道における薄茶や濃茶とともに食べることもあって、味覚はもとより、見た目の美的鑑賞を期待されて発達してきた食品でもあります。
通常は、薄茶席では干菓子、濃茶席では生菓子を提供されます。

日本茶や抹茶のお茶請けとなることが多いので甘いものが多く、油はほとんど使われません。
砂糖や水飴、米や小麦、小豆などの比較的少ない種類の主原料により、多くの種類の和菓子が作り出されています。

洋菓子のように、生のフルーツが使われることは少ないですが、煮たり干したりした物は使われる時があります。

原料に砂糖を使用するようになったのは近世以降で、特に和三盆は、簡単に白砂糖が手に入らない江戸時代に独特の程よい甘さと風味で和菓子の発展に貢献しました。
また、和菓子には芸術作品としての面で高い技術が要求されます。

夏の作品であるのならば、涼を感じさせるように葛などを使用して透明感のある作品に仕上げるという具合に、季節の表現一つにも材料を吟味しています。
この日本の伝統的なお菓子を、お歳暮として、一年の終わりにお世話になった方へ感謝の気持ちを伝えるために贈るのはいかがでしょうか。

お歳暮は老舗や百貨店などから直接宅配便で送れるものもあるので便利ですし、現在はお歳暮の商品をインターネットで注文し、配送してもらえます。
見た目も美しく、甘い和菓子が好きな方にはとても喜ばれる贈り物となるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:お歳暮

このページの先頭へ