相手の身の上のことも考えた、会社の上司に贈るお歳暮の選び方

社会人になって初めてお歳暮を贈るという方も多いでしょう。
学生のうちはそういった行事ごとを自らこなす機会は多くありませんが、社会人になると独立した大人として、そういったマナーを守らなければならない場面が増えますが、いざ贈ろうとしても、何を選べばいいか悩んでしまいます。

とくに上司に贈る際には、どういったものが失礼に当たるのか、あるいは喜ばれるのか、経験も浅いうちは分かりません。
上司に贈るお歳暮として、無難なものには食料品があります。

ハムや蟹などは定番といっても良いでしょう。
もし地方に田舎があるならば、自分の出身地などの会話にも繋がるであろう、その地方の特産品を贈っても喜ばれることが多いです。

次に無難なものといえばアルコールの類です。
お歳暮を貰うような時期は、親戚や友人知人で集まる機会も多いため、アルコールは歓迎されます。

またお歳暮の定番品としては商品券やギフト券もありますが、一般的に目上の方にこういった金券を贈るのは失礼にあたる為、贈らないようにして下さい。
加えていうなら、たとえ食料品でも一人身の方の場合は大量に贈られても困る場合があります。

アルコールも、お酒を好まない方の場合はやはり困ってしまいます。
より良い方法としては選ぶ前に直接本人に尋ねるという方法を、直接尋ねるのは失礼ではないかと考える方もいるでしょうが、聞かずに迷惑になるようなものを贈ってしまうのが一番失礼になるため、失敗をしないように尋ねるのも悪くありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:お歳暮

このページの先頭へ