お歳暮に贈るものとしてお肉が一番人気です

日本には誕生日やクリスマス以外でも、その季節や年の節目に自分がかかわりお世話になったその人へ、これまでの感謝の気持ちとこれからの健康を願い贈り物をする風習があります。
その贈り物を行う風習は元旦から始まり、8月のお中元、そして12月の終わりにお歳暮です。

しかしどの風習でも言えますが、特にお歳暮はその年の感謝とこれからの関係を親密にするという意味を持つため、いったい何を送ったらいいのか悩む人が多いです。
その中でもっともお歳暮で贈られるのは、洗剤や石鹸そして缶詰そして食器などがあげられます。

しかし、それらは贈り物として春や夏に贈られるのであれば喜ばれるのですが、年末の忙しい時期に贈られる側としては感謝するものの、一番喜ばれる贈り物ではないようです。
ではこの時期に贈るものとして何が最も喜ばれるかというと、それは消費しやすい食べ物でかつ肉製品がお勧めです。

この12月という季節はクリスマスや元旦やおせちを準備する機会が多く、料理を豪勢にするのに役に立ってくれます。そして、その季節になると、全国のお肉の専門店や百貨店で値段によって好きなグラムと部位を選べるギフトセットが発売されるので、それを相手に選んでもらうことで自分で選ぶ手間が省ける上、相手も自分が好きな種類を選べるので大変喜ばれます。

どの季節の贈り物ランキングでも選べる肉は上位にランクされているので、その結果は実証されていると言えるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:お歳暮

このページの先頭へ