お取り寄せおせちの取扱店として人気が高い店の中には、京都の老舗料亭下鴨茶寮があります

おせちはお正月に食べるお祝いの料理ですが、重箱に詰められている料理や食材には様々な意味が込められています。一般的な三段重の場合、一の重には子孫繁栄を願う数の子や豊作を祈願する田作りなどの祝肴に加え、学問成就の伊達巻や金運を呼ぶ栗きんとんといった口取りを詰めます。

二の重、三の重にもそれぞれが縁起を担ぐ意味を持ったものを詰めますが、近頃では家庭での手作りではなく、インターネットなどでお取り寄せを注文して食べるという場合も多くなっています。そのようなお取り寄せには様々なものが存在しますが、有名店や老舗などで取り扱うものは人気が高く、予約しようと思ってもあっという間に売り切れてしまうケースも多いです。

京都市左京区に所在する下鴨茶寮という会席料理の老舗料亭もそういった中の一つで、創業は安政三年と、その重ねた歴史に相応しい日本食文化の味わいを存分に堪能できるおせちを提供しています。

2015年のお正月用に販売されたものには、54,000円と39,960円の三段重、28,080円の二段重に加え、19,440円の三客などがあり、「日本の技術」を持って「日本の美味しさ」を色鮮やかに詰め込んだおせちを最先端の冷凍方法で届けています。

この下鴨茶寮は、京都文化やその美しさを料理という手段で世界中に発信しており、文人要人といった様々な人に愛され続けている料亭です。
このような由緒ある料理を一年の初めに美味しく食べられるのは、非常に贅沢なことではないでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:おせち

このページの先頭へ