多彩な品揃えの東急のおせち

東急電鉄の子会社である東急百貨店は東京の渋谷に本店があり、その他に、東横店や吉祥寺店、たまプラーザや札幌にも店舗を構えています。
戦前に開業した東横百貨店が、呉服店系の老舗百貨店白木屋と1958年に合併し誕生しました。

最近の売上高は5,205億円と業界で6で、中堅百貨店の位置にあると言えます。
その東急百貨店では、毎年、伝統を誇る老舗の味から感性豊かな一流シェフの技を活かした一品、郷土食豊かな品まで豊富におせちを取り揃えています。おせち料理は、年神様と共にいただく新年最初の食事で、改まった気持ちで家族揃って食卓を囲みます。

大晦日から、あるいはもっと何日も前から一家の女手を駆り出して、縁起の良い食材や料理の準備におおわらわとなりますが、来年のお正月はそんな忙しい思いをせずに、おいしい料理をのんびり味わってみてはいかがでしょうか。

注文は10月からスタートとなりますが、そのうちの何品かをご紹介します。
都心にそびえる洗練されたホテル、ハイアット・リージェンシー東京のシェフが腕を振るった料理は、和洋中とバラエティ豊かな料理を三段に詰めた豪華なおせちです。

伝統を重んじた和風が好みの方には、つきぢ田村や京料理美濃吉が生み出す和の傑作とも言える逸品もあります。
高級食材を使用したこだわりの料理ですので、10万円と値は張りますが、それだけの価値はあると満足のいく三段重です。

一の重には伝統の品々を盛り、二の重には郷土色豊かな北国の珍味を詰め合わせた暗闇坂宮下のおせちは、どこか懐かしさを感じさせる商品で価格も手頃です。
このように、東急百貨店は美しさとおいしさを兼ね備えたこだわりのおせちを多彩に取り揃えています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:おせち

このページの先頭へ