クイズ問題ともなるおせち料理の意味と詰め方のルール

お正月のクイズ番組などではおせち料理を題材にした問題が出される事があり、中でも、重箱に詰める際のルールや料理の意味などの問題が多いです。
そこで、おせちの詰め方と料理それぞれの意味をご紹介します。

まず、重箱の詰め方ですが、一の重には祝い肴として、黒豆・数の子・田作り(関西ではたたきごぼう)を詰め、二の重には口取りとして、紅白蒲鉾・伊達巻・栗きんとん・昆布巻・紅白なますやいくらなどの酢物を詰めます。また、三の重には鯛・海老・ぶりなどの焼き物を、与(四)の重には里芋・くわい・蓮根・人参などの煮物を詰めます。

そして、五の重は控えとして空にしておきます。
次に、料理それぞれに意味があり、黒豆はマメに働けますようにと無病息災を願い、数の子は卵の数が多い事から五穀豊穣と子孫繁栄を願う意味があります。

田作りはイワシの幼魚の佃煮で五穀豊穣を、たたきごぼうは豊年の象徴を表しており豊作と息災を願ったものです。
焼き物の鯛は「めでたい」の語呂合わせから、ブリは出生魚である事から出世を願い、海老は長寿と出世を願います。

紅白蒲鉾は日の出の形に似ている事と紅白が縁起の良い色であるとされ、定番の伊達巻は巻物に似ている事から、学問・文化・教養に対して願いが叶うという縁起物として、栗きんとんは金銀財宝を意味し金運を願い用いられます。

紅白なますは紅白の水引にあやかり、くわいは出世を祈願したもので、連根は多数の穴がある事で、将来の見通しがきくという縁起のいい食材です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:おせち

このページの先頭へ