自分で盛り付ける真空パックのおせち

お正月が近づくと、大掃除をしたり年賀状を書いたりと、新年を迎える様々な準備でなかなか気ぜわしいものです。ですから、お正月料理の準備はできるだけ簡単に済ませたいと思う人も多いのではないでしょうか。
そのような人にうってつけなのが通販で手軽に購入できるおせち料理です。

その多くは冷蔵や冷凍のタイプですが、中には真空パックのものがあります。
これはそれぞれの料理が真空で小分けされていて、開封すれば作り立ての味を堪能でき、開けるまでは常温でも長期保存が可能な為、大変便利です。

但し、重箱詰めのタイプと違って、自分で重箱に盛り付けをする必要がありますので、盛り付けをするセンスが必要です。

しかしながら、おせちの何品かを自分で作っておき、真空パックのものと一緒に詰め合わせる方法もありますので、手作り感も楽しみたい人にはお勧めできます。
このような真空パックのおせちは、日本料理「なだ万」や京都・洛東の料亭「わらびの里」、箱根湯本温泉の創作和懐石の宿「遊心亭」のものなどがあります。

「なだ万」では、3~4人前の単品セット「慶」があり、紅白小板蒲鉾セットや伊達巻、黒豆など8品目が入っています。
また、「わらび亭」では1~2人前で、取り箸1膳付きで、黒豆をはじめ田作り、照り焼きや伊達巻など18品目がセットになっています。

そして「遊心亭」では、4~5人前の「鶴」、3~4人前の「亀」、2~3人前の「松」などバリエーションがあり、「鶴」や「亀」には祝い箸も付いています。
このように、真空になったタイプにも様々なものがありますので、多少手間をかけたい人や自由に盛り付けたい人にお勧めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:おせち

このページの先頭へ