おせち料理を重箱に詰める際のポイント

おせち料理とは、中国から伝わった行事に由来します。
本来五節句ごとに作られる料理を指していましたが、現代では年初めの節句に作るお正月料理がおせちと呼ばれています。

かつては膳に盛られた料理を「おせち」と呼び、重に詰められた料理は「食積」と呼んでおり、その両方が用意されていました。
次第に膳に盛られた本膳料理の一部が重箱に詰められるようになり、その両方が融合して現在に至ります。

重箱に詰める理由の一つが、「幸せやめでたい事が積み重なりますように」という願いが込められているという事で、正式な段数は5段重ですが、少子化や核家族化、他にも様々な料理を食べるなどの理由から、現代では三段重に詰めるのが一般的になっています。

正式な5段重の場合、一の重には、黒豆・数の子・田作り(関東)・たたきごぼう(関西)の祝い肴3種を詰めます。
二の重には、紅白蒲鉾・伊達巻・昆布巻・栗きんとん・福豆・紅白なますなどの「口取り・酢の物」を詰めます。

三の重には、ブリ・鯛・海老などの「焼き物」を詰め、与の重(四の重)にはれんこん・里芋か八つ頭・くわい・牛蒡(ごぼう)・にんじん・こんにゃくなどの「煮物」を詰めます。
そして、五の重は神様から授かった福を詰める場所として空にしておきます。

また、それぞれの段には、偶数の料理を盛り付けないように注意し、一般的に5・7・9種類を詰めると縁起が良いとされています。
重箱の素材ですが、昔ながらの漆塗や蒔絵は代表的ですが木製や陶磁器などもあり、最近ではポリプロピレン樹脂などの新素材の容器が普及しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:おせち

このページの先頭へ