博多久松や千賀などいつもとはちょっと違ったおせちを味わう

新年を迎えるというのは、何かわくわくしたような気持ちや晴れやかな気持ち、厳粛な気持ちなど、いつもと違った気分になります。
そして、お正月が近づくと、準備として大掃除をしたり鏡餅を供えたり、しめ飾りや門松を揃えたりしますが、おせち料理もその中の一つです。

おせちは語源が御節供から来ていて、重箱に詰められる料理はそれぞれに縁起のよい意味を持つもので、またその重は見ているだけでも華やかさや雅やかさを感じ、お正月にはなくてはならないものとなっています。最近では、家庭で作るだけでなく、インターネットなどの通販で購入する傾向も見られるようになってきました。

時間をかけずに手軽に準備したい人にはお勧めの方法ですし、様々なものが販売されていて、有名店の拘りの味やホテルの豪華な味を堪能できるチャンスでもあります。
いつもと違ったおせちを食べてみたい方は、例えば博多久松はいかがでしょうか。

この博多久松は量が他とは違い、多くの食材を使ってギッシリと重箱に詰められているのが特徴で、重箱の大きさも8寸という特大サイズです。
種類も豊富で、博多、大名、千代などの他、1人前の祇園をはじめ玄海、舞鶴などの標準サイズのラインナップもあります。

また、味の良さとともに、放射能検査や細菌検査など安全性も強調しており、原材料やアレルゲン表示もきちんと明記していますので、確かなものを安心して思いっきり食べたい方にお勧めです。

その他にも、ぐるなびや楽天などのWEBサイトを見ますと、割烹料亭千賀や博多の老舗料亭てら岡など、各々のお店で吟味して作っていますので、気に入ったところがあればぜひ味わってみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:おせち

このページの先頭へ