独自の文化を築いてきた沖縄のおせち

お正月の食卓を彩るおせち料理と言えば、華やかなお祝い料理、又保存食としてお正月には欠かせないモノですが、日本せましと言えど、北から南それぞれの地域でも、お重に詰める内容は異なるのではないでしょうか。

特に古くから独自の文化を築いてきた沖縄では、お正月の料理も他府県とは異なり、地元独特のお料理が食卓に並びます。
又、地元では、訪問された方がお腹を空かして帰ることが無いよう、次から次へと料理を運んできては、かめーかめーと勧めるのです。

特に年配の方は、かめーかめーと攻撃してくる為、上手くかわす事が出来ないと、大変な事になります。
さて、沖縄独自のおせちですが、料理を並べるお重も決まっており、このお重は年間を通じて行事の度に使用されます。

重箱に詰める料理の数や内容も決まっており、昔から変らない必ず詰める料理と言えば、昆布、クーブ料理と言われ喜ぶの意味が含まれます。
又、子孫繁栄を願った田芋、お魚のてんぷら、島豆腐を揚げたモノ、かまぼこ等を綺麗に切り重箱に詰めていきます。

そして、別の重箱には、あんこ餅を詰めたモノが地元独特のお正月料理となります。
お雑煮に関しても、地元独特の中身汁と呼ばれる豚のモツを使用したお吸い物が出されます。

古くから独自の文化を築いてきた沖縄ですが、最近では、ホテルや百貨店のおせちが充実した為か、手間を省きたい若い方が多くなった為か、昔ながらのお正月料理を作る家庭も少なくなってきました。
中には、スーパーでオードブルを購入される方もおり、時代と共にお正月料理も変化しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:おせち

このページの先頭へ