竹若のおせちは築地の魚介や野菜をたっぷり使っており、絶大な人気があります

竹若のおせちに安定した人気があるのは、築地の食材を使っているからで、本店は築地の本願寺の近くにもあり、昼も夜も賑わっています。
築地の他にも多くの店舗を経営しており、懐石料理のみならず、洋風の店舗などもありますが、竹若の原点は築地の店舗です。

新鮮な魚介の懐石が人気で、ランチも行列ができるほどです。
築地を訪れる観光客のみならず、近隣のサラリーマンも昼時には利用しています。
接待の利用の多く、その築地の魚介や野菜をたっぷり使った竹若は多くの固定客に支持されています。

築地は年末に最も賑わい、正月の食材を買い求める人で大変な混雑になります。
本来の築地市場はスーパーや飲食店が販売する食材を仕入れる場所ですが、場外と呼ばれる店舗には一般客も数多く訪れます。

それだけ、築地の食材は新鮮で価格が納得出来るのです。
更には築地という地名が一種のブランドになっていので、そこの食材を使っているということで、商品価値がアップします。

おせちの価格は安くはありませんが、正月くらいは贅沢をしたいと考える人は少なくありませんので、早くから予約が入ります。

築地は魚介のイメージが強いですが、野菜や果物の市場も併設され、野菜も新鮮なものが全国から集まっています。
産地の新鮮さと市場の品揃えを兼ね備えているのが築地であり、この築地の食材を使って、ブランド力もあることから、おせちは絶大な人気があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:おせち

このページの先頭へ