お中元にお酒を贈るときに気をつけること

お中元にお酒を贈るのは、お酒が好きな相手ならとても喜ばれるものです。ただし中にはアルコールが苦手だという人もいるので、そこには十分気をつけてください。よかれと思って贈ったものでも、持てあましてしまうようなことになります。誰か飲める人に譲るということもできますが、それでは本当に喜ばれる贈り物ではありません。

贈る時の定番は、やはりビールです。しかしそれ以外にも全国各地の銘酒を贈るということがあります。日本酒や焼酎など、さまざまな種類があるのですから、それらを選択肢から外すのはもったいないことです。

ビールよりも山崎のウイスキーが好きだという人もいるので、相手と飲んだ時に探りをいれてもいいかもしれません。
ワイン党な人にはワインギフトが良いでしょう。

ワインは世界中に色々な種類のものがあり、国産のものもあります。紅白ワインセットやスパークリングワインもあるので、それを選んでみるのも良いでしょう。自分で飲んでみて美味しいと感じたものを飲んでみてもらいたい、そういう選び方でも良いのです。
自分のお気に入りを楽しんでもらいたいというのなら、ビール券を贈るのもありです。

以前はこのように直接的なものを目上に贈るのは良くないとされたこともありましたが、今ではむしろ喜ばれる良いギフトになっています。何か他に季節を感じられるものと一緒に、ビール券を贈るお中元も良いですね。最終的に選ぶのは自分ですが、これだけの選択肢があるということを覚えておいてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ