お歳暮は送料無料のところから

重要な条件の1つとして、送料無料かどうかというものがあります。1箇所や2箇所ならそれほど気にならないかもしれませんが、それでも遠くに贈る場合はかなりの負担になることがあるので気をつけなければいけません。しかしそんな送料が必要ないというのなら、積極的に活用していくべきです。

大手の通販サイトや百貨店のサービスでは、多くの商品が送料無料となっています。しかし中には商品代金に送料が含まれている場合もあるので注意してください。ただし注意すると言っても、そういう商品は他のところでも同じようなことになっているので、それでもその商品にするのかどうかを考えるというくらいです。

本当にその商品を送りたいというこだわりがあるなら、送料無料ではなくても選ばなければいけない時もあります。しかしそれほどのこだわりがないのなら、あまりお金がかからない商品を中心に選んだ方が良いでしょう。

千円や二千円程度ならともかく、送料だけで最終的に一万円以上の負担に膨れあがることを考えたら、できるだけ節約しておくべきです。

普段は送料負担が必要になるところでも、期間限定サービスで無料にしているところがあります。そのため、時期が来たら色々なところをチェックしてみてください。このようなサービス期間になるのも、大量に顧客が獲得出来るチャンスのある時期だからこそかもしれません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ