お歳暮で魚を贈るなら?

お歳暮で魚を贈るなら、どんなものが良いのか。これは簡単な問題のように思えて、意外と悩んでしまうものです。贈る相手の好みもありますし、どんなものなら縁起が良いのかと考えてしまうこともあるでしょう。基本的にお歳暮用として選べるものなら何でも良いのですが、その中でも代表的なものについてまとめていきます。

東日本では塩鮭を西日本では塩鰤を贈ることがよくありました。これらは昔から正月に欠かすことができないもので、年取り魚と呼ばれていたからです。大晦日に家族揃って食べる定番だったため、贈り物としてもタイミングが良いのです。しかしこの習慣は現在知らない人も多く、それほど効果的なものではありません。

しかし昔からの風習にのっとったものは、定番として今も活用されているのです。
贈る時に気をつけなければいけないのは、それが日持ちするものなのかどうかです。せっかく贈っても長持ちするものでなければ、急いで食べることを強要してしまいます。

そのような問題を避けるためにも、できるだけ日持ちのするものが喜ばれるのです。
塩漬けされているものや干物など、日持ちするものは色々あるので、何を贈るべきなのか考えてみてください。

お歳暮をはじめ、ものを贈る時には何が良いのかを色々と考えてしまいますが、ちょっと調べてみればどんなものが良いのかはすぐに分かります。何がおすすめなのかも聞いてみて、どんなものを贈るのかを考えてみてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ