お歳暮のそもそもの意味は?

お歳暮とはそもそもどのような意味があるのでしょうか。お歳暮という言葉は、昔は【年末】のことを意味するものでした。それが、年の暮れになるとお世話になった人にお礼の意味として、贈り物を持参して回る習慣が出来、これを歳暮回りと呼ぶようになりました。

やがて、この贈り物のことを【お歳暮】と呼ぶようになり、現在にその習慣と名前が残っているのです。
お歳暮にはマナーがあります。昔からの方法ですと、お歳暮を持参して手渡しをするというのが礼儀なのですが、持参しない場合は【送り状】というものを郵送します。

送り状は、お歳暮を送る前に送るもので、日頃のお礼やお歳暮を送ったことを書きます。
お歳暮を贈る時期は、地方によって異なっています。大体が12月上旬~12月20日までで、最近の傾向としては地区を問わずに、早めに贈る方が多いようです。また関東地区では、12月に入るとすぐにお歳暮を贈るという方も多くいらっしゃいます。

万が一、お歳暮を贈る時期を過ぎてしまったら、のしの表書きを変えてしまえば大丈夫です。相手方にご不幸があって間もない場合などには、落ち着くまで時期をずらして、寒中見舞い・寒中お伺いといった時期に贈るようにしてみてはいかがでしょうか。

お歳暮で避けた方が良いものは、①好き嫌いが分かれるもの②保存がきかないもの③絵画やインテリア④衣類・アクセサリーなどです。特に気をつけたいのが、保存がきかないものです。食べきれない場合などに、しっかりと保存のきくような物を贈るようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ