1歳の誕生日の風習

1歳の誕生日に、バースデーケーキでご馳走!の前に、日本の昔ながらの風習を行ってみませんか?昔の日本では、お正月を迎えるたびに年を重ねる【数え年】という習慣があった為に、誕生日のお祝いはあまりされていませんでした。しかし、1歳のお誕生日だけは、家族や親戚を招いて祝宴を行っていたそうです。

日本の風習は、地域によって変わってきますが、まず一番有名なのが一升餅です。一升分の餅米で作った【一升餅】というものを、風呂敷に包んで子供に背負わせるといったものです。一升を一生とかけて、一生(一升)食べ物に困ったりせずに、健やかに過ごせますようにといった願いがこめられています。

一升餅は、2キロほどになりますので、1歳の赤ちゃんにとってはとても重たいものです。赤ちゃんによってはひっくり返ってしまうほど、重たいものなんです。フラフラしている様子を写真やビデオに残すと、思い出になるのではないでしょうか?

もう一つ、【将来占い(選び取り)】という風習があります。複数の品を赤ちゃんの前に並べておき、その中から赤ちゃんが最初に取るもので、将来の職業や才能を占うといったもののようです。並べる品は、地域によってばらばらだそうですが、最も多いのがそろばんとお金だそうです。

将来占いに並べる品が違ったり、一升餅も背負わせるのではなくて、わらじを履かせた子供に、紅白の一升餅を踏ませるなど、地域によっては方法は全く異なります。自分の住まれている地域に沿った方法で、赤ちゃんの健やかな成長を祈って、風習を行ってみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ