お見舞いの金額の相場を教えてください

お見舞いには災害見舞いと病気見舞いとがありますが、直接会って渡せる場合にはメッセージを添えるといいですね。
災害見舞いは急なことなので、のし等を使わないのがマナーです。白い封筒に「御見舞い」と書いて渡すのが一般的です。

遠方の場合には書留や振込みでも構いませんが、メッセージを添えるようにしましょう。金額については親族であればお見舞いにプラスして、先の生活の目処がつくまでの援助という意味も含めて3万円以上が妥当でしょう。また、災害見舞いでは現金よりもすぐに生活に役立つ日用品や生活必需品を送るのも良いでしょう。

知人や友人など数人集まってお見舞いする場合もあります。
病気見舞いにおいては、のしの表書きとして「祈御全快」「御見舞」が一般的ですが、他に「御果物料」「水菓子料」と書く場合もあります。水引きは白赤の結び切りです。もし祝儀袋に抵抗があれば白い封筒でも可です。

お見舞いに行くタイミングとしては相手の都合を聞いた上で入院直後や手術前後は避けましょう。金額としては、身内のお見舞い金の相場は5千円~1万円程度が一般的です。友人やお世話になっている方への相場は上限が5千円、会社の同僚などへのお見舞いはそれぞれの会社で規定がある場合が多いようです。

社内でのお見舞いは一般的に3千円くらいが目安とされています。祝儀袋について、水引きは白赤で結び切り、のしがついていない袋が一般的です。また災害見舞いと同様、白い封筒に入れて渡すのも悪くありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ