敬老の日で贈ってはいけないものってありますか?

敬老の日に贈ってはいけないものというのは特にありません。一般的に日本茶は不祝儀(ぶしゅうぎ)に使われる贈答品なので、敬老の日には避けた方が無難です。敬老の日は、何よりお祝いムード一色で染めたいので、白黒の服など、縁起の悪いと思われる場合があるので選ばない方が良いでしょう。

敬老の日のお祝いを贈る人は、自分より年上の目上の方です。一般に、目上の人には下着や靴下などは贈らないのがしきたりです。
敬老の日を何才からお祝いするかも問題です。本人はまだまだ若いつもりでいるのに敬老のお祝いをされて戸惑ってしまうこともあるかもしれません。

一つの目安として60歳の還暦があります。60歳を過ぎたら、お年寄り扱いをするというわけではなく家族や親戚一同が集まる機会として宴席を設けるのはどうでしょう。お祝いをされるお年寄りにも喜んでもらえるのではないでしょうか。

お年寄りは、食べ物の嗜好が若い人とは大きく異なります。
入れ歯があれば固いものが食べられませんし、食事の速度はゆっくりになります。敬老のお祝いでディナーをプレゼントしたいという場合は、あくまでもお年寄り中心のメニューを選びましょう。

店側にお年寄りがゲストだとあらかじめ伝えておけば完璧です。子供や若い人向けの料理でお祝いをしてもお年寄りにとっては苦痛なだけかもしれません。敬老の日はお年寄りが主役と肝に銘じてお祝いの席を手配しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ