快気祝いで贈ってはいけないものってありますか?

快気祝いは、贈る相手は療養中にお見舞いを頂いた人に病気が全快したことを伝える意味合いがあります。病気に消えてほしい、なくなって欲しいという意味で、消耗品を贈るのが一般的です。長く使えるような食器やインテリア用品などは選ばないのが普通です。

快気祝いは、お見舞いを頂いた人にデパートなどから発送する場合が多いので、相手の都合に関わらず先方に届く可能性があります。消耗品として人気アイテムの一つに菓子類がありますが、贈答先の家族がすぐ受け取れるかどうかわからないので、賞味期限があまり短い食料品は避けた方が良いでしょう。

快気祝いに良く選ばれる物に、石けんやタオル類があります。これは、水に流れるので病気が残らないという意味があります。水に溶けないクッキングオイルや殺生を連想させるハムやソーセージ類も、快気祝いに不向きなギフトです。

快気祝いは、療養中にもらったお見舞いの金額の1/3から1/2をお返しするのが相場です。お見舞い金に対してあまり安いものを快気祝いで贈るのは避けた方が無難です。確かに療養中は何かと出費がかさみ、お見舞いでもらった現金が助けとなったかもしれません。

しかし、快気祝いを充分にせずにお見舞いを受け取ったままでは、常識を疑われて今後のお付き合いがぎくしゃくしてしまう恐れがあります。快気祝いに贈るものは、頂いたお見舞い金に対して相場より安すぎるものは避けるようにしたいものです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ