快気祝いのマナーを教えてください

快気祝いは、退院してから1週間か10日ほどで相手に届くように手配するのが一般的です。自宅療養していた場合は、床上げをしてから同じように1週間か10日で届けるようにしましょう。

快気祝いには、菓子や石けん、タオルなどの消耗品を贈るのが慣例です。品物にはのし紙をつけて「快気祝い」と書きます。
快気祝いは、お見舞いを頂いた人に対するお返しの意味合いがあるので、お見舞いをいただいた人に対して贈ります。

快気祝いはお見舞い金の3分の1から半分の金額が相場です。快気祝いの金額が世間の相場より低いと、お見舞いを贈った人から、贈答品に関する常識がないと思われる恐れがあります。快気祝いに関しては、病後ということもあり、多少贈るのが遅れても心配することはありません。

それよりお返しの金額がお見舞いの額とバランスが取れているかどうかに注意を払う必要があります。
お見舞いをいただいたわけではないが病気が治ったのを近所の人などに伝えたいという時にも、タオルの詰め合わせや砂糖などのちょっとした品物を近所に配ります。

その場合はお見舞いを貰ったかどうかに関わらず配っていることを示す「快気内祝い」というのしを付けます。

退院をしたが、今後も自宅療養を続ける場合や、後にもう一度入院する予定があるような場合は、「快気祝い」という言葉を使うのは避けて、「お見舞い御礼」と書いたのしを付けてお礼をしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ