就職祝いの贈る時期はいつごろがよいでしょうか?

小学校と中学は、卒業しても次の入学式があるので卒業してもお祝いは必要ありませんし、大学に進学する場合は高校卒業のお祝いも要りません。しかし、高校や大学を卒業していよいよ就職が決まったら、就職祝いを贈る慣習があります。

就職祝いを贈る時期は、卒業の時期と重複します。卒業祝いと就職祝いを立て続けに用意するのでは、贈る側の負担もばかになりません。卒業祝いと就職祝いが重なったら、就職祝いを優先してお祝いします。

新卒で入社する場合、入社式は4月初旬に行われます。もっとも多いのは4月1日入社です。就職祝いは3月中に贈るようにすると良いでしょう。いずれにしても、就職が決まったらできるだけ早くお祝いを贈るように心掛けましょう。入社式の2~3週間前までに相手に届けばベストです。

親戚や知人の子供が就職したことを、後から聞くことがあります。事前に知らされていなかったということは、家族以外に伝えたくなかった可能性があります。

就職浪人をした後での就職などの場合は、本人の意に反した企業に就職することもあるので、親としても心から祝えない気持ちになっているかもしれません。タイミングを見計らってさりげなく就職祝いを贈ります。

大学を卒業したが就職する気配がない場合は、就職祝いを用意せずに、卒業祝いとして祝儀を包めば良いでしょう。現代は、高卒や大卒の学生が100%すぐに就職する世の中ではなくなりました。無事に学業を修めて卒業したことをお祝いすれば、就職祝いを贈る時期を逸しても心配ありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ