入学祝いの祝儀の相場を教えてください

入学祝いは、幼稚園や小学校入学で5千円~1万円、中学校、高校、短大、大学などの入学で1万円程度が相場です。ただし、血縁のつながりが近い場合や親しいおつきあいのある知人の子供の場合は多少多めに包む場合もあります。

幼稚園や小学校に入学する場合は、親しい人や親せきを招いて宴席を設けることが多いので、招かれた場合はその場で直接入学祝いを本人に渡せますね。学校に入学するのがどうしておめでたいのか、親は子供にお祝いの意味を説明する良い機会です。
祝儀袋は、水引が蝶結びになっているものを選びます。

蝶結びの水引は、何度あっても良い一般のお祝い事に用いられます。紅白の水引は、包む金額が高額な場合に用いるものです。それほど高額なお祝いをしない場合は、水引が印刷された祝儀袋でも失礼に当たりません。祝儀袋の表書きには、「入学御祝」「祝御入学」「御入学御祝」のいずれかを書きます。

入試試験に合格して入った学校であれば、お祝いを贈るだけでなく、受験勉強を頑張ったというねぎらいの言葉をかけてあげることも忘れないようにしたいものです。ただし、志望校に落ちて滑り止めに受かった子供に過剰な祝いの言葉は禁物。

さりげなく入学祝いを渡して「これからの学校生活を楽しんで」という気持ちを伝えましょう。入学祝いにはお返しの必要はありませんが、同じようなお祝いごとが贈り主にある場合は、同額程度の祝儀を包んで贈るのを忘れないようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ