成人祝いの贈る時期はいつごろがよいでしょうか?

子供が成長して二十歳を迎える年に行なわれる成人式。成人式には誰もが晴れ着を着て、成人した喜びを分かち合います。成人式は毎年1月に行なわれますが、成人祝いを贈る時期は、この成人式に合わせて贈る事も出来ますし、法律上の成人となる20歳の誕生日に贈る事もできます。

成人祝いを成人式にあわせて贈る場合には、成人式が行なわれる1月中旬前後に贈るのがおススメです。この時期になると成人式に合わせてデパートなどでは成人式コーナーなどが設けられるので、何を贈ったらよいのか分からない人でも比較的品物を選びやすいようです。

二十歳ぐらいになると本人の好みや趣味なども決まってくるので、何を贈ったら喜ばれるのか分からない場合には品物ではなく現金や商品券などで贈るのも喜んでもらえるようです。
本人の20歳の誕生日に成人祝いを贈る場合には、誕生日を超えないように気をつけて、誕生日の1週間前から誕生日当日の間に本人が受け取れるように贈ると良いでしょう。

直接手渡しできるならそれがベストですが、出来ない場合には親を通して渡すのもOKです。
成人祝いを贈るのは、基本的には身内と親しい関係の人のみ。それ以外の関係の人は成人祝いは言葉で伝えるだけで十分です。

職場の上司や学校の先輩などは、成人祝いを贈る必要はありません。親戚など血縁関係にある場合でも、親しい付き合いがない場合には、言葉でおめでとうを伝えるだけでも問題ありません。その場合には、成人式か満20歳の誕生日、どちらか早いほうに合わせて伝えると良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ