七五三で贈ってはいけないものってありますか?

七五三は子供の成長を祝う行事でとても縁起がよいものです。そのため、「死」や「苦」などを連想させるようなアイテムなどはできるだけ避けたほうが良いでしょう。七五三祝いで現金を祝儀として贈る場合には、あまり受け取る側に負担をかけないように、相場内に祝儀の金額を納めるようにする配慮も必要ですね。

七五三で品物を贈る場合には、その年齢の子供にふさわしいアイテムを選ぶ事が大切です。贈っては行けないというNGアイテムなどは特にありませんが、その子供が興味を持っているタイプのオモチャなどを贈るのが無難ですし、受け取る側にも喜んでもらえます。

七五三で贈ってはいけないNGアイテムをあえて挙げるなら、子供の年齢にふさわしくないアイテムは不適切です。子供のオモチャならそれほど気にする必要はないと思いますが、洋服や靴などの衣類を贈る場合には、親の教育方針やしつけの方針などに反さない事を確認した上で贈るのがマナーです。

例えば、可愛いと思って購入したハイヒールでも、贈られた側の親の方針に反してしまったのでは、せっかくの贈り物も台無しになってしまいます。
色選びも大切です。お葬式を連想させるような「黒」は、七五三祝いとしてはあまりおススメのカラーではありません。

できれば華やかで明るい未来を連想させるようなカラーを選んだほうが良いでしょう。シックな黒色は、大人の眼で見ればシックで都会的なオシャレカラーですが、冠婚葬祭と言う観点では「喪服」のカラーなので、七五三祝いのカラーとしてもできるだけ避けるようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ