七五三の贈る時期はいつごろがよいでしょうか?

子供の成長を祝う七五三。日本古来の慣習で、昔からずっと受け継がれている伝統行事の一つでもあります。七五三は子供が3歳、5歳、7歳を迎える年に行ないますが、昔からの慣習で11月15日にお参りをする人が圧倒的に多いものです。そのため、七五三のお祝いを贈る時にも、この時期に贈るのがマナーです。

昔ながらの慣習では、七五三のお参りをするのは11月15日ですが、15日が平日だったりする事も多く、その場合には15日に仕事を休んでお参りをする家庭もありますが、近い週末に日程をずらしてお参りをする家庭も少なくありません。七五三のお参りに同行する予定がある親戚や祖父母などは、七五三の祝儀もその時に渡せばOKです。

それ以外の場合には、お参りを行なう11月に入ってから、伝統的なお参りの日でもある11月15日までの2週間の間に祝儀を渡すのがよしとされています。ただ、このあたりの時期なら少しぐらい前後してもそれほど問題はないので、直接顔をあわせる機会があれば、その時に渡せばよいでしょう。

最近では七五三の晴れ衣装もレンタルする家庭が増えていますが、以前では祖父母が晴れ着を購入してプレゼントするのが慣習でした。七五三の晴れ着を祝儀として贈りたい場合には、本人達の予定や都合などもありますから、前もって話をしておくようにしましょう。

晴れ着を贈った場合には、別途で現金を祝儀とする必要はありません。
七五三は11月でお正月と時期がとても近いので、七五三とお正月のお年玉を合わせて、いつもよりも少し多めにお年玉を渡すというスタイルの家庭もあるようです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ