内祝いで贈ってはいけないものってありますか?

内祝いは頂いた祝儀に対するお返しなので、こういうアイテムはいけないといったNGアイテムはほとんどありません。以前はいろいろなタブーやNGアイテムがあったようですが、最近では昔の慣習などもずいぶん少なくなっているので、受け取る側に喜んでもらえるものを送るのが理想的なようです。

内祝いで品物を選ぶ時には、頂いた祝儀の半額~3分の1を目安にしましょう。場合によっては頂いた祝儀と同額ぐらいの内祝いをする事もありますが、あまり高価な内祝いでは受け取った側に負担となってしまうのでNGです。
内祝いで気をつけたいのが、内祝いを贈るタイミングや時期。

あまりにも早く内祝いを贈りすぎるのもよくありませんし、祝儀を贈ったほうが忘れてしまうほど遅くなりすぎるのもNGです。

基本的には、祝儀を頂いてから1ヶ月以内に内祝いを返すのがマナーなので、祝儀を受け取る事があらかじめ分かっているようなイベントの場合には、祝儀を受け取る前に内祝いについても計画しておいたほうが良いかもしれませんね。

また、結婚や出産などおめでたい機会には、こちらの幸せをおすそ分けしたくなるあまり、祝儀を頂いていない人に対しても内祝いを贈ってしまう事もあります。しかし、これはNG。

祝儀を贈っていない人に内祝いを贈りつけたのでは、なんだか祝儀を催促しているような感じがしますし、内祝いを受け取った側に負担をかけてしまいます。内祝いは祝儀をもらった人にのみ贈り、祝儀をいただいてから1ヶ月と言う期間で贈るように心かげるようにしてくださいね。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ