内祝いのお返しはどうすればよいでしょうか

内祝いはこちらから渡した祝儀に対するお返しとして頂くものなので、内祝いに対する更なるお返しは必要ありません。しかし、内祝いのお返しを頂いた場合には、きちんとそのお礼を述べる事を忘れずにしましょう。直接顔を見ながらお礼を伝える事が出来ればそれが理想的ですが、なかなか難しい場合もあると思います。

そんな場合には、電話でもOKです。出産直後で疲れていたりする人に対しては、メールでの御礼でもOKとされているようですが、その人がこまめにメールをチェックする人でなければメールと言う方法はおススメではありませんね。

開店祝いや開業祝いなど、ビジネスシーンで同業者や取引先から内祝いを頂いた時には、今後のビジネスでその「縁」を大切にするように心がける事も大切です。

ビジネスにおいては、頂いた祝儀と同じ金額を別の機会に祝儀として送り返すのが習慣となっているため、内祝いを現金などで受け取った場合には、必ずその金額をメモしておいて、そちらに内祝いを返す機会があったら同じ金額でお返しをするようにしましょう。

最近は内祝いとしてカタログギフトをいただくことも多いようです。カタログギフトは受け取った側が欲しい物を選べるのでムダがなく実用的で、必ず喜んでもらえる贈り物として人気がありますが、贈った側は、受け取った側がカタログの中から何を選んだのか分からないと言うデメリットもあります。

内祝いに対するお礼の電話をした時に、「前から食べたいと思っていたXXに交換してもらおうと思っているんですよ」など、交換するアイテムを伝えれば、贈った側にも喜んでもらえるはずです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ