内祝いのマナーを教えてください

内祝いは、自分たちに結婚や出産などおめでたい事があった時に受け取った祝儀に対してお礼として行なう「お返し」です。品物を受け取ったときでも現金を受け取ったときでも、祝ってくれた事に対する感謝の気持ちを表す機会である事を忘れないようにしましょう。

内祝いは基本的に半額~3分の1で返すのがマナーと言われています。新築祝いや引っ越し祝い、開店祝いなどの場合には、新居や店舗に招待してもてなす事が祝儀に対するお返しとなるので、基本的に祝儀を頂いた場合でも新居でおもてなしすれば内祝いを行なう必要はありません。

しかし、まとまった金額の祝儀を受け取った場合には、新居でおもてなしをする以外にも、形として内祝いを贈ったほうが良いでしょう。
どんなイベントで祝儀を受け取った場合でも、内祝いで忘れては行けないのが、お礼状です。最近とても多いお礼状は、写真をハガキにして贈るというスタイル。

結婚式の内祝いなら新婚ほやほやの2人の写真をはがきにしたり、出産祝いの内祝いなら可愛い赤ちゃんの写真をハガキにしたりすると良いですね。はがきを贈るタイミングは、年賀状や暑中見舞いなどの季節が近いなら、それを兼ねてもOKです。

それ以外の場合には、祝儀を頂いてから1ヶ月ぐらいを目安にしてお礼状を贈るようにしましょう。
お礼状を出す時には、必ず手書きで祝儀に対するお礼を述べる事が鉄則です。一言、二言でも良いので印刷ではなく、自分の言葉で感謝の気持ちを表現しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ