内祝いの贈り物を選ぶポイントを教えてください

近年では、内祝いは「頂いた祝儀に対するお返し」として考えられていますが、もともとは結婚や出産などのおめでたい事があった時に、その喜びや縁起をおすそわけする、という意味で行なわれていたようです。

ご祝儀として贈り物をする時には、受け取る側が喜んでもらえそうなものを一生懸命選びますよね?それと同じで、内祝いを贈る場合にも、受け取る側が喜んでもらえるようなものを贈りたいものです。

内祝いの難しい点は、祝儀を頂いた人たちそれぞれのライフスタイルや年齢などが異なるため、何を贈ったら喜んでもらえるのかというのも、その家庭やその人ごとに異なるという点です。

還暦祝いの内祝いなどでは、長寿のおすそ分けという感じで赤飯や紅白饅頭を贈るだけでもOKですが、結婚祝いや出産祝いなどは祝儀をいただく人の数も多いですし、祝儀の金額もまちまちなので、内祝いを選ぶときにも一人一人のものを個別に選んでいたのでは気が遠くなるほどの時間と労力がかかってしまいます。

出産直後で疲れている時期に、そういう作業はとてもキツイですよね。
そこでおススメなのがカタログギフトでの内祝い。カタログギフトはそれぞれのデパートや百貨店から独自のセレクションですし、金額に合わせて複数のカタログがラインナップしているので、大勢の人にお返しをする時にはとても便利な方法です。

しかも、受け取る側は欲しい物をカタログの中から選べるので、ハズス事がなく必ず喜んでもらえるのが大きなメリットです。最近ではカタログギフトの内祝いはとても人気があるようですよ。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ