内祝いの贈る時期はいつごろがよいでしょうか?

内祝いとは、結婚祝いや出産祝いなどで祝儀を頂いた人に対して渡す「お返し」の事です。日本の冠婚葬祭で祝儀を受け取る機会はとても多く、結婚や出産、就職など人生の節目となるイベント時だけでなく、開店や開業などビジネスの節目や、新築や引越しなど暮らしの節目においても祝儀を受け取る事があります。

内祝いはその度にきちんと行い、忙しさのあまりうっかり忘れてしまった、なんて事にならないようにしたいですね。
内祝いを贈る時期は、祝儀や贈り物を頂いてから1ヶ月を目安にお返しするのが理想的です。

ただし、出産などで母子ともに疲れきっていたり大変な場合には、なかなか内祝いの品物を選ぶために外出するのも一苦労ですよね。その場合には、ある程度落ち着く産後3ヶ月ぐらいまでに内祝いを贈れば問題ないようですよ。

受け取った祝儀の金額によって内祝いの予算も変わってきますし、内祝いを贈る人、贈る家庭によって喜んでもらえるものも異なります。また、場合によってはどんな内祝いが喜んでもらえるのか分からない事もあるかもしれませんよね。そこで、最近人気なのがカタログギフトでお返しする内祝いのスタイルです。

カタログギフトは予算ごとに購入できますし、受け取る側が欲しい物を選ぶことができるので、贈る側にとってもとても便利、そして受け取る側にとっても欲しい物を選べて、双方にとって絶対に失敗しない内祝いなのです。

カタログギフトはデパートなどにパンフレットが置いてあるので、前もっていくつかセレクトする事も出来ますし、ネットで申し込むこともできるので、忙しかったり外出が難しい場合にも便利ですよね。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ