開店祝いのマナーを教えてください

開店祝いに贈るアイテムといえば人気が高い「現金」と「お花」。どちらも開店祝いに贈るには無難で失敗がないアイテムなのでおススメです。そもそも開店祝いになぜ花を贈るのが人気なのかというと、やはり「目立つ」から。

開店祝いは新しくビジネスをスタートさせる初めての日なので、ここに新しいショップができましたと派手に宣伝することで集客につながる事が多いものです。そのため、開店祝いに花を贈る際にも、出来るだけ目立つ花輪などがおススメです。

現金を祝儀として贈る場合には、きちんと向きをそろえた新札を祝儀袋の中に入れて、開店する1週間前から開店当日までの間に手渡しするのがマナーです。開店当日にパーティなどのイベントがあれば、その時に手渡しすればOKです。

開店祝いでは基本的に、受け取る側が喜んでくれるものなら何でもよしとされていますが、その店のビジネスに立ち入るようなアイテムや「火事」や「炎」を連想させるようなアイテムは、マナー違反なのでNG。

インテリア雑貨でも店の内部に飾るようなアイテムは、その店の雰囲気やオーナーの好みなどもありますから、できるだけ避けたほうがよいでしょう。また、店の雰囲気を盛上げてくれたり、アロマの癒し効果もあるキャンドルなども、一見オシャレなギフトのようにも思えますが、炎を連想させるアイテムなのでNGです。

アイテムはOKでも、炎を連想させる赤色もできるだけ控えるのがマナー。リクエストされた以外の場合にはできるだけ赤くないアイテムを贈るようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ