開店祝いの贈る時期はいつごろがよいでしょうか?

開店や開業、事務所の新規移転などのビジネスシーンでは、開店祝いでは品物ではなく現金を祝儀として贈るのが一般的です。これは、新しくビジネスを始めるにあたって、現金がたくさん懐に入ってくるようにと縁起を担ぐためのようですね。冠婚葬祭のマナーとしては、開店祝いを贈る時期は、開店当日の午前中と言われています。

これは、幸先が良いという縁起を担いでいるわけですが、実際には開店当日はどんなビジネスでも、てんてこまいに忙しい事が多く、そこに祝儀を持って伺っても、受け取る側にとっては負担になってしまうことも少なくありません。そこで、最近では開店祝いを贈る時期は、できるだけ開店する前のほうがよしとされています。

開店の祝賀パーティなどが行なわれる場合には、そこに出席する際に祝儀袋に入れた祝儀を持参すれば良いでしょう。祝賀パーティなどのイベントが全くない場合には、開店する1週間前から当日までの間に贈るのがマナーとされています。

開店前にはてんてこまいの忙しさでなかなか手渡しできない事も多いものですが、短時間でサッと手渡しできるようなタイミングを見つけると良いでしょう。
レストランなどの飲食店の場合には、開店記念として軽食などが準備されていたり、普段のメニューでもてなしてくれることなどもあります。

大勢の人が出席している場合などには、手伝いを買ってでるような気遣いもとても喜ばれます。開店祝いの祝儀を手渡す時に、それとなく開店当日の手伝いが必要かどうかを聞いてみると良いですね。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ