引越し祝いの贈る時期はいつごろがよいでしょうか?

引越し祝いといっても、どういったタイプの引越をするのかによって引越し祝いを贈る時期も変わってきます。
転勤や進学などの理由で遠方に引越してしまう人に対しての引越し祝いは、引越しの荷造りに間に合うように贈るのが良いでしょう。

遠方への引越しでは荷造りも大変ですし、引越し当日に引越し祝いを持って行っても忙しい中で迷惑してしまいますし、受け取ったほうも忙しいですから、どこに入れたのかわからなくなってしまう事も少なくありません。また、荷造りが済んだ後に引越し祝いを渡しては、荷物が増えてかえって相手に負担をかけてしまいます。

遠方への引越しは、ある程度前から分かっているものです。できれば、先方が本格的にパッキングを始める直前ぐらいを見計らって贈ると良いでしょう。仮にそのタイミングを逃してしまった場合には、引越し先の住所を聞いて、先方が新居に落ち着いた頃を見計らって宅配で贈るようにするのがおススメです。

目安としては、新居に入居して3週間~4週間後ぐらいに配達してもらえるようにすれば、先方にとっても落ち着いた頃に引越し祝いを受け取る事が出来るので喜んでもらえると思いますよ。

マンションや一戸建てなどを購入して近くへ引越しをする場合の引越し祝いは、新居に落ち着いてから新居を訪問する際に持参するのがおススメです。新居に訪問できない場合には、引越ししてから1ヶ月以内に宅配で贈ると良いでしょう。その場合には引越し祝いの手紙などもつけると喜んでもらえます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ