結婚祝いのお返しはどうすればよいでしょうか

結婚祝いに現金や品物を頂いたら、新生活を始めた後で「内祝い」と呼ばれるお返しをするのが社会人としてのマナー。招待できる人数に制限があったりして披露宴に招待できなかった人からも結婚祝いを頂いたりしている場合には特に、感謝の気持ちと気を使って内祝いをするようにしましょう。

披露宴に出席したひとから現金でご祝儀を受け取っている場合には、特に内祝いをする必要はありませんが、結婚祝儀として受け取った金額が多かった人に対しては、内祝いで品物を送っても問題ありません。
内祝いは、結婚祝いで頂いた相場の半分ぐらいを返すのが良しとされています。

しかし、ケースバイケースでは頂いた金額と同じぐらいの相場のものを返しても良いようです。結婚内祝いでは、どんなモノを贈らなければいけないというルールはないので、基本的には何を贈ってもOKです。

内祝いカタログなどを見てみると、縁起がよい紅白の色の包装がされている石鹸や砂糖なども多いですし、日常生活の中で使える実用的なものが多いようですね。
内祝いでは、祝儀を返す相手によってライフスタイルや年齢なども異なりますから、同じ品物を全員に返すと言うことが出来ません。

そのため、結婚内祝い用のカタログギフトなども人気があります。予算に応じて品物のセレクションも異なりますし、受け取る側がほしいものを選べるのが何よりも魅力的ですね。
内祝いとは別に、結婚を祝福してくれた全ての人たちには、2人の写真を入れたハガキを郵送して、お礼の言葉を述べる事も大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ