結婚祝いの祝儀の相場を教えてください

結婚祝いでご祝儀を渡す場合には、新郎新婦と自分との関係によってご祝儀の相場も事なりますし、披露宴をするかどうかによっても相場が異なります。
披露宴を行なう場合には、披露宴に招待されて食事を提供していただいている事にも費用がかかっているので、少なくてもその分ぐらいは渡すのがマナーです。

基本的には3万円が目安ですが、会社の同僚や部下などは少な目の2万円、先輩や上司などは大目の5万円のように金額を調整していくとよいようです。ただし、20代、30代の場合には経済的な事もあるので3万円以下のご祝儀もよしとされていますが、40代以上の場合には最低でも3万円をきる事がないようにご祝儀を渡すのがマナーです。

新郎新婦の両親は結婚式や披露宴のために出費もしている主催者側なので、結婚式当日にご祝儀を包む必要はありません。しかし、それ以外の兄弟や祖父母などの場合には、出席する時に結婚祝いとしてご祝儀を持参するようにしましょう。兄弟の場合には5万円~10万円が相場、従兄弟なら2万円~5万円ぐらいが相場と言われています。

その他の親戚でも同じですが、40代を超える場合には血縁関係がある人なら最低でも5万円の祝儀が目安と言われています。

披露宴などを行なわないカップルに結婚祝いを贈る場合には、披露宴に出席する場合の相場に対して半分ぐらいを目安にすると良いでしょう。現金で渡しても品物で渡してもOKですが、本人達が欲しい物を選べるカタログギフトなどは結婚祝いでも人気が高いアイテムです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ