結婚祝いの贈る時期はいつごろがよいでしょうか?

結婚祝いで現金をご祝儀として贈る場合には、結婚式の披露宴で渡せばよいでしょう。披露宴とは別に結婚祝いの品物を渡したい場合には、披露宴に持参すると相手の荷物が増えて負担になってしまうだけでなく、忙しい時に更に迷惑を掛けてしまう事にもなるので、結婚式の1週間前までに贈りましょう。

その場合には、披露宴に出席する時には目録を持参すればOKです。
披露宴に呼ばれなかった人が結婚祝いを渡したい場合には、相手に気を使わせないために結婚式の後に渡すようにします。最近では結婚披露宴を行なわないカップルも急増しています。

結婚披露宴をしないカップルに結婚祝いを贈る場合でも、披露宴に出席した時と同じぐらいの祝儀を目安にしながら品物を選ぶようにすると分かりやすいですね。結婚して新生活を始めると、どのカップルでもいろいろとものが必要になるものです。

結婚祝いとして贈るなら、できれば本人達がほしいと思っている物を贈りたいですし、ムダになる物や迷惑に思われてしまうものは避けたいですよね。本人に聞ける場合には、思い切って聞いてしまいましょう。そちらの方が喜ばれます。現金を贈る場合にも品物を送る場合にも、基本的には結婚式の1週間前までに渡すようにしましょう。

何を贈ったらよいのか全く分からない場合には、ギフトカタログもおススメです。ギフトカタログなら本人達が時間のある時に欲しい物を選べるのでムダがなく、絶対に失敗する事もありません。ギフトカタログを贈る場合でも、結婚式披露宴の1週間前までには本人達のもとに届くように贈りましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ