どうしてもお歳暮を受け取れない場合、どうすればいいでしょうか?

お歳暮というと、なんとなく「儀礼的なもの」「形式的なもの」と思ってしまっている方が多いようです。確かに、送る方によっては、「毎年のことだからしょうがなく」という方もいるかもしれません。しかし、お歳暮のやり取りがあるからには、感謝の気持ちが基本となって、始まったことだと思います。

特に送る側は、少なくとも品物を選んで費用を出してお歳暮送っているのです。ですから、お歳暮送られるということに関しては、送られた方は、まず感謝をしなくてはいけません。
ただし、世の中には、お歳暮を受け取れないという方もいると思います。公的な職業に就いている人、そしてその家族というのは、基本的にお歳暮を受け取れないでしょう。

職業名を出してしまうと、国会議員や警察官、教師など、国民の税金からお給料が発生している人はお歳暮が賄賂の代わりになってしまうことがあります。例え、市役所の職員だとしても、何らかの入札に関わっている立場だったり、何らかの便宜を図れる人というのはいわれのないお歳暮は受取れません。

もしも、こういった立場の人がお歳暮を送られた場合には、受け取る前に拒否する必要があります。配達してきた人にきちんと説明をして、送り返すしかないでしょう。1度受け取ってしまってから、「どうしよう」と悩んでも後の祭りです。

受け取らないで送り返せば、一度届いたとしても受け取ったことにはならないので、とにかく「受け取らない」ということが重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ