贈っていないところからお歳暮がきたとき、どうすればいいでしょうか?

お歳暮というのは、自分が思ってもみなかった方から贈られて来ることもあります。こちらとしては、そこまでのお付き合いだと思っていなくても、先方からしてみると、お歳暮を贈ることに値するぐらいのお付き合いだと思っていることもあるでしょう。こういった場合、実際にお歳暮が届いてから慌ててしまうと思います。

だからと言って、お歳暮が届いたときに送り主を見て、「もらういわれはないから」と送りかえしてしまうのはマナー違反です。
お歳暮は自分からの感謝の気持ちを贈ることだけではなく、先方からの感謝の気持ちというものもあるのです。

それを受け取らないというのは、「門前払い」をしているのと同じことになってしまいます。何らかのトラブルがあった相手だったり、本当に今後いっさいお付き合いをしないような相手だとしても、受け取りを拒否するのはやめましょう。手間かもしれませんが、一度受け取ってから、一筆添えて送り返すのがマナーです。

「今後はこのようなお気遣いは無用にしてください」などの一筆を添えれば、相手にもきちんと気持ちが伝わります。
ただし、だんだん慌ただしくなる年の瀬には、どうしても凡ミスをしてしまうことがあります。つまり、贈ろうと思っていたのに、なぜかリストから漏れてしまっていた場合です。

こういった場合には、受け取ったあとに同等か、それ以上の品物とお礼状を添えてすぐに贈るようにしましょう。でも、お歳暮は「お返し」という意味であればする必要がないので、自分でお歳暮を贈りたい人じゃないければお礼状だけで大丈夫です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ