相手が喪中のときは、お歳暮はどうすればよいですか?

「相手が喪中のときは、お歳暮は贈らない方がよい」ということを聞いたことがある方は、意外に多いようです。しかし、新年を祝う意味がある年賀状などは送らないのが常識ですが、お歳暮には特に「お祝い」と言う意味はありません。お歳暮は、あくまでも時候の挨拶や、日頃お世話になっていることへの感謝の意味で贈るものです。

ですから、相手が喪中であっても、お歳暮を贈りたいのであれば贈ってしまって大丈夫なのです。ただし、相手の気持ちを考えて送るようにすることが大切です。普段のお中元のようにのしをつけたり、紅白の水引をかけたりするのは、絶対に控えてください。
基本的には、初七日や四十九日が過ぎるまでは、何かと慌ただしいものでしょう。

悲しみにくれている暇もなく、いろんな手続きや整理などに追われてしまっていると思います。通常、初七日や四十九日が過ぎてから、時期をずらしてお歳暮を贈るのがマナーです。しかし、中には、こういった行事が過ぎてから体調を崩してしまったり、落ち込んだりしてしまう方もいます。

性格や状況にもよることなので、一概には言えませんが、親しい方であれば贈る相手の状態を見ながら贈る時期を決めましょう。
もちろん、普通の時だったら、お歳暮を贈る時期というのは守らなくてはいけません。

でも、こういった特殊な状況の時には、ある程度時期がずれてしまっても大丈夫なのです。お歳暮としてではなく、「寒中見舞い」という形にして贈るのも、相手に気を使わせない方法のひとつです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ