お歳暮に贈るのにふさわしくないものはん何でしょうか?

お歳暮というのは、自分からお世話になった人への感謝の気持ちを品物に変えて贈るというものなので、どんなものを贈っても良いと思ってしまいがちです。しかし、語呂合わせなどを重んじる日本人なだけに、古くからある風習にはタブーというものがあります。

お歳暮に贈るのにふさわしくないものは、「履物類」です。あまり履き物を贈るということはないかもしれないので、意識していない方も多いのではないでしょうか。履き物には、「踏みつける」という意味があると言われています。つまり、お歳暮で履き物を贈ってしまうと、贈った相手を「踏みつける」という意味にとらわれてしまうことがあるのです。

例えば、新婚さんの家庭に、素敵なペアのスリッパがあったからと言って贈ってしまったら、お歳暮のマナーとしては失礼になるのです。また、筆記用具や時計も、相手に対して「勤勉」を促したり、「時に追われる」ことを押しつけてしまう意味があるそうです。

このように、タブーとされているものを目上の人に贈ってしまうと、せっかくのお歳暮が、かえって関係をぎくしゃくさせてしまいます。ただし、こういった事を重んじる方は少なくなっているので、贈り物を選ぶ際、神経質になりすぎる必要はないでしょう。

もうひとつ、タブーではありませんが、「条件付き」でふさわしくないものとしては「生モノ」があります。年末というのは、どんな人でも普段のスケジュールとは違っているものです。「生モノ」というのは、出来るだけ早く受け取ってもらわなくてはいけないので、贈る相手の予定がまったく分からないようなら贈らない方がいいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ