お歳暮をいただいたときの御礼状の書き方は?

お歳暮をいただいたからと言って、必ずお返しをしなくてはいけないという決まりはありません。お歳暮というのは、極端に言ってしまうと、贈る側が感謝の気持ちを品物に変えて贈ってくる行為です。こう書いてしまうと、有難いという気持ちが薄れてしまうかもしれませんが、とにかく贈られる側が「お返し」に気を遣う必要はないのです。

ただし、贈ってもらった側の礼儀として欠かしてはいけないのが御礼状です。費用をかけて、「喜んでもらおう」という気持ちでお歳暮をいただくのですから、どんな場合でも御礼状を出すのは当たり前のことです。
御礼状は、まずお歳暮が届いてから、3日以内に出すのが基本です。

御礼状を出し慣れていないと、何を書けばいいのか、どういう形式がいいのか悩んでしまって、ついつい出しそびれてしまうことがあるようです。しかし、「出しそびれ」というのは相手に対して本当に失礼な行為にあたるので、事前にフォーマットでも良いので用意しておきましょう。

御礼状というのは、形式にのっとって書くのが当たり前ですから、フォーマットがあっても問題ありません。ただし、御礼はもちろん、贈ってくれた品物への感想はしっかり具体的に書くようにしましょう。

いくら形式にのっとると言っても、基本的には感謝の思いを伝えることが一番です。ただ「有難うございます」だけでは、せっかくのお歳暮のやり取りが無駄になってしまいます。近況報告を交えながら御礼を言って、そして最後に相手の方の健康を気遣う言葉などを入れることが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ