お歳暮のお返しは必ず必要でしょうか?

お歳暮を贈っていない方からお歳暮が届いたら、普通の感覚としてはお返しをしなくてはいけないと思うかもしれません。しかし、お歳暮には「お返し」というマナーはありません。なぜならば、お歳暮は贈り手が贈る相手に対して、日頃の感謝の気持ちを品物にして表している行為だからです。

普段の生活の中でも、何かをしてあげた相手から、「この間はありがとう」と言って簡単な御礼の品をもらうことがあるでしょう。その場合には、「じゃあお返しを」ということにはならないと思います。それと同じで、お歳暮いただいたら、「ありがとう」という言葉のお返しだけで大丈夫なのです。

「お歳暮」という形だと、改まった感じがするので「お返し」を考えてしまうと思います。でも、お返しをしないからと言って、失礼なことにはなりません。普段の御礼の品でも、相手が何もお返しをしてくれないことで、「失礼な人だ」と思うことはないのと同じです。

ただし、「お返し」は必要ないとしても、「御礼状」は必ず送らなくてはいけません。これはどんな時にもらうものでも当たり前のことで、もちろんお歳暮にも当てはまります。より丁寧な御礼は、やはり「御礼状」として手紙を贈ることですが、相手によってはメールでも電話でも構いません。

とにかく「御礼」を伝えることが大事なので、どんな方法であれお歳暮をもらったらすぐに御礼の言葉を伝えることです。「何かお返しをしたい」というのであれば、少し時間を置いて「御礼」という形で贈りましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ