お歳暮の期間は?どういう意味で決まっているのでしょうか?

お歳暮というと、1年間御世話になった方への感謝の意味を込めて贈るものなので、年内に贈るのは当たり前です。お歳暮贈る期間というのは、一般的には12月初旬から12月20日ぐらいまでとなっています。その昔、「歳暮の礼」という行事があって、ご先祖様の霊を新年に迎えるにあたって、お供え物を届けるという習慣がありました。

これは、もともと親類縁者で行なっていたものでしたが、江戸時代に入ると少し様変わりしてきました。江戸時代では、何をするにも掛け売りというのが常識で、半年に1度請求書が回ってきて、それに対して支払いをしていたんです。

「半年間待ってもらったお礼」そして、「半年間有難うございました」という意味合いを込めて、夏と冬に金銭的にお世話になった人に贈り物をする習慣が根付いたのです。これが、お中元であり、お歳暮と言われるものになっていったんですね。

お歳暮を贈る期間は、いちお12月の20日までというように言われていますが、基本的には年内に贈ればなんの問題もありません。つけにしていた金銭を支払うのも、1年の最後のけじめとして年末まで支払えば良かったのです。

逆に言うと、お歳暮を年内に贈らなければいけないというのは、このけじめを重んじていたからでしょう。現代では、年末の意味である「歳暮」のことを示すお歳暮ですから、年が開ける前に贈る意味があると言えます。新年にかかってしまうようであれば、「お年賀」ということになるので、「お歳暮」というからには年末までに贈るのが当たり前なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ