お歳暮の由来、贈るのはどういう意味があるのでしょうか?

その昔、新年にご先祖様の霊魂を迎えるためのお供え物を、分家の人や嫁いだ人が本家に持っていく行事がありました。これを「歳暮の礼」と言いますが、歳暮は「暮れ」の意味を表します。この歳暮の礼が、時代とともに少しずつ形を変えて、お世話になっている人に感謝の気持ちとして品物を持っていく「歳暮まわり」という年中行事になりました。

その歳暮まわりもまた、姿を変えて年末にお世話になった人に贈り物をする「お歳暮」という風習が出来たのです。お歳暮のもとをたどると、お先祖様へのお供え物ですが、両親を始めとして生きている祖先への贈り物へとその内容は変化しています。

これが習慣化して、お世話になった人に贈り物をするようになったのが、お歳暮の由来というわけです。
現代のように、「お歳暮」という形になったのは、江戸時代と言われています。

江戸時代には、買い物をする時などは掛け売りがほとんどで、盆と暮れにまとめて支払うというのが一般的でした。例えば、長屋の家賃や商品の仕入れもまとめて支払っていたのです。大家さんや仕入先に「いつもお世話になっております。新年もよろしくお願いします」という意味を込めて贈っていたのがお歳暮の原点と言えるようです。

現在では、両親や親戚などはもちろん、会社の上司や取引先、稽古事の先生など、普段お世話になっている方に感謝の意味を込めて贈るのがお歳暮となっています。つまり、「贈らなければいけない」というものではなく「贈りたい」人に贈るのが、お歳暮です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ